にんにくを使わなくても美味しい料理。

俺が働いていた保育界隈では狭苦しい子どもへの段取りから、食事にスパイシーものは使用していなかったように思います。
にんにくは使わず、しょうがで押しなべて代用してたように思います。その他にも、代用できる技として、ねぎ、玉ねぎなどがあります。
スパイシーメニューを使わない代わりに、みつばなどの香味野菜は思い切り使用していました。ゆずやレモンでアロマを置きたり工夫していました。
子どもが食べやすいように、メニューは小さく切って、柔和めに仕上げます。味覚もなるたけ薄味覚だったように思います。
クッキング師様の持ち味で、保育園では人々美味しそうに食べていました。

塩麹やヨーグルト、梅肉や、今流行の塩レモンなども出し汁が出て、極めて美味しいものです。
米ぬかも味方があって凄い薬味になります。

成人も、病状でにんにくが不可能だったり、専ら嫌いだったり吊り上げるほうがいるかもしれません。
そんな時も、にんにくを使わなくても美味しく戴ける製法はまだまだ沢山あるはずです。参考サイトはこちら