サグラダ・ファミリアをめぐってみたい

肩書きの町です。
スペインにおける、まだまだ完成していないサグラダ・ファミリアをめぐってみたいのです。

サグラダ・ファミリアはスペインにあり世界遺産にも登録されていらっしゃる。
アントニ・ガウディという建築家屋の作品ですが、ダディーは遠い昔の人類。
1882ご時世(だったかな?)に工事が着工しましたが、依然完成していない家なのです。
今では9代目の建築社長が工事を担当していて、近々(2026ご時世)に敢行期日だとか…

未完の世界遺産と言うだけもチャーミングサウンドなのに、それが私の生きている間には完成するなんておっしゃるといった!!
すでにフィーバーでなりません。
さぞかし完成する随時世界中で情報され大きな大きな話題になるのでしょう。
そのときが待ち遠しくてなりません!
それ程楽しみで建築途中の状況を写真立証で調べたりしているのですが、本当におとぎ話集まりですよね。
近代的用品が並ぶ町並みの中に、どかんという大きな大きなサグラダ・ファミリアが存在しているのですから…
その雄大さといった事実のウェートにちゃんと惚れ惚れしてしまいます。

速く2026時代にならないかなぁ~
断然楽しみです。
それまでにスペインまでの旅費を貯めておかなくてはなりませんね!http://プエラリア.shop/