私の小さい頃からの使用が変わった一刻

私は22年代の夫です。私が小さい頃からの志望としてきたのはクッキングお得意さんになって過去自分の個人のところを押し流すという志望を持ち続けながら過ごしてきました。私の父さんが私が小さい頃に寿司屋を経営していて、その容姿を原則みていたから私もクッキングお得意さんになろうといった志望を小さい頃から持ち続けたんだと思います。そうして、私は18でホテルの洋食に入り原則クッキング漬けの日々を送っていました。そうして将来的には自分のおところを持つためにここでもっと自分に下さることを統一決めるという基準をたて三年間やっていました。但しそういうある日私という淑女の間に新しく引き取り手が増えると淑女に報じられ、そしたら私の情緒が変わってきました。私が父さんになるのに今のギャラのままだとダメだと願い取りかかり、私は給料が幾らかすむ就業を探して、雇用わやしました。そうして私が小さい頃からの夢のベクトルは自分自身で閉ざしてしまいましたが、くいわなく、かえってたちまち新しい志望を作るのにワクワクしながら原則過ごしています。引越し