電卓競り合いならやまちゃんさ!

今や30年齢ほど前のツイートだが、ユニバーシティに正しく2浪もして落ちまくって、方法が無く簿記の目的塾に通っていた位のツイート。当時、ミニ電卓にレクレーション学説がついているものがあり、妙にはやった。塾に行くと皆ピコピコ音色をたててレクレーション電卓に集中している。ニートの塾だと自分でもしみじみ思ったものだ。
レクレーションの方法というとナンバーがインベーダーゲームのように出てきて、リンクを押しつつ消し込んで出向く。最初はうかうかだが、段々早くなって消化しきれないとこいつが負ける製品。ナンバーが合計で10になるだけ撃ち落とすといったUFOの感じが出てきて、それをもっと撃ち落とせば得点がアップ達するという仕掛。当時栃木県小山から塾のいらっしゃる神田までの通学だったからずいぶん遊べたものだ。往路はさすがに通勤・通学の先方で電車拍子は飽和になるからできなかったが、帰りの電車では何回か上野~小山間を戦い過誤で通したこともあった。そのときは脇のダッグアウトの知らない先方まで見入ってくれたものだ。なんか全然誇らしく、偉くなった気分だった。
つま辺り辺り弱いバラエティだが、「レクレーションバラエティ」という括りで言えばこれが自分にとって今の今までで永久唯一の物だったんだな、これが。http://www.stephanietubbsjones.com/